0期生は講師として活躍していただく候補生です。
協会が講師に認定するには、いくつかの条件があります。
受講料を払って講座の時間のあいだ そこに座っていれば
自動的に講師になれるのではありません。

「教える」立場になるための条件。

1. 技術と知識(テストを実施)
2. 経験(症例の提出)
3. 行動(講座の開講予定の決定)
4. 情報(インプットとアウトプットの場を設定)


こうやって並べるとちょっと緊張しますでしょうか?
でも実際にはそんなに難しいことではありません。

技術と知識はきちんと身についているかを確認するために
テストをさせていただきますが、
合格できるまで協会が責任をもって指導します。
追加料金はありません。

あとは行動力さえあればできること。
もちろんやり方もお伝えさせていただきます。

ひとつだけご了解いただきたいのは、
情報のインプットの場、0期生同士の交流の場として
フェイスブックを活用しますので、
アカウントをとっていただきます。
(アカウントをとる=利用できるように登録すること。)

パソコンが苦手とか、なんとなくネットが怖いとかとで
SNSを利用していない方もいらっしゃることと思いますが、
集客のためにも大切なことですし
協会からの情報もネットでの提供になりますので
こちらも必須とさせていただきます。



関連記事
スポンサーサイト

認定講師が得られる6つの報酬

0期生に対する思い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。