2014年がそろそろ終わろうとしています。
皆さまは この1年、どのような時を過ごされましたでしょうか?
耳つぼ美癒学協会理事長の鮎川です。
本年最後のごあいさつとご報告です。


昨日、今年の締めくくりのように
大切な書類が届きました。

shohyo.jpg

2つの商標登録証です。
「アコルディスト」と「耳つぼアコルデ」。
どちらも考え抜いて 深い思いをこめた商標です。
無事に登録することができました。


協会の設立は今年の4月8日。
設立といっても法人を登記しただけで
ここから準備がスタート。

15名の講師が誕生したのが6月1日。
実質のスタートはこの日かもしれませんね。

それから7か月です。
耳つぼベーシック講座はご受講いただいた方がちょうど100名。
体験講座やアコルディスト認定講座などをふくめると
200名以上の受講者様となりました。


今年のお正月には、こんなふうに1年を締めくくるなんて
私自身でさえ 想像もしていませんでした。

誰も知らない 小さな小さな耳つぼの協会。
それがあっという間に たくさんの共感をいただいて
こうやって年末を迎えることができ、本当に幸せです。


耳つぼ美癒学協会の思いは、
耳つぼという健康を守るスキルを家庭に届けること。
おうちにある薬箱に耳つぼ道具が入っていたら、
ママの手が魔法の手になる。

具合が悪くなってから薬に頼るのじゃなくて
まるで楽器の調律(アコルデ)をするように、
小さな不調に気づいて整えていく習慣ができたらいいな。

ダイエットや美容だけじゃなくて、
家族や自分、大切な人のカラダとココロを
愛情深く見守っていく、ひとつのスキルとしての耳つぼ。
それをお伝えしたいと進んできました。


これからの時代、もっともっと耳つぼのようなスキル、
病気になってからお医者様や薬でなんとかしようというのではなく、
身体と心に愛情を注ぎながら整えていくスキルが
必要とされてくるのは間違いないことです。

私たち耳つぼ美癒学協会にできることは
このスキルを、地道でも確実におひとりおひとりにお伝えすること。

耳つぼのある生活は、愛情にあふれています。
耳には身体だけじゃなく、心の変化もあらわれます。
家族の小さな変化にも目がむいて、ママの手で守っていける。
そんな愛情にみちたご家庭がどんどん増えますように。
来年もそのために進んでいきますね。


講師の皆様、アコルディストの皆様、
一緒にがんばりましょう!

2014年、美癒学協会の開幕の年、本当にありがとうございました。
来年はもっともっと飛躍してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。


関連記事
スポンサーサイト

2015年もよろしくお願いします!

看護師さんも驚いた耳つぼ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。